いざというときに役に立つ赤ちゃんとママの防災②

collabonoコミセン親子ひろば@吉祥寺南町コミセン

「いざというときに役に立つ赤ちゃんとママの防災②」に市川が講師として参加しました。

参加者は、20組42名+スタッフで50名弱。ママの視線の強さに、このような講座の必要性をしみじみ感じました。この講座は、連続3回講座となっており、1回目は1月に-いざという時パニックにならないために情報をGETせよ-。

2回目の今回は、-今すぐ準備!赤ちゃんとママの防災グッズ-と題して家族と赤ちゃんの命を守る”備え”に関して実際のグッズや実践をまじえてお話しさせていただきました。

3.11に心に刻まれた思いで、地域防災に関わって6年。なぜ、赤ちゃんとママなのか…防災訓練にも参加しづらく、家で赤ちゃんと2人きりになりがちなママは、災害時弱者となりやすい。しかし、その心構えをしっかり持って対策をする事で赤ちゃんや家族を守れるのです。

・自宅で1週間暮らすための備え

・ママバッグを見直して防災仕様に

・いざ避難所へ、何を持参?

・災害時のトイレ対策

・身近なもので抱っこ紐をつくる等…

*今回の模様が本日23日CATVの夕方「ディリ-ニュース」で放映されます。

第3回 3月14日(水)は、いよいよ実践編です。-大切な人の命を守る!知っておきたい応急手当てとAED-ひとりでも多くのママたち、パパたちに参加していただきたいです。


Wa-shoi Partnership

子育て世代や若い人々、在住外国人の地域デビューを推進し、異世代・異文化交流のタネをまく。~集まる・みつける・生まれる~をコンセプトにみんなの居場所「ジモト」を盛り上げるプロジェクト。

0コメント

  • 1000 / 1000